探語ラボ

”極私的備忘録の言葉蒐集”

登録ワード

【ニューロティピカル(定型発達)の症状】

・ニューロティピカルは全面的な発達をし、おそらく出生した頃から存在する。 ・非常に奇妙な方法で世界を見ます。時として自分の都合によって真実をゆがめて嘘をつきます。 ・社会的地位と認知のために生涯争ったり、自分の欲のために他者を罠にかけたりし…

【スプマンテ】

イタリア製のスパークリングワイン。

【アップセット】

競技・選挙などで、絶対的に強いとみられていた方が負けること。番狂わせ。

【アウトテイク】

映画や音楽で最終編集のなされた完全版で使われなかったシーンやショットを指す。

【ニューロティック】

神経症的であるさま。「ニューロティックな映像美の映画」

【好個】

ちょうどよいこと。適当なこと。またそのさま。「時間つぶしに好個な(の)読み物」

【俗流】

俗人の仲間。低俗な考え方をする連中。「俗流と交わる」

【パタフィジシャン】

パタフィジックを行っている人。またはパタフィジキストという。

【パタフィジック】

(形而超学、空想科学, パタフィジックス)とは、フランスの作家アルフレッド・ジャリの造語で、形而上学の領域を超えたところにあるものを研究するために使われる哲学のこと。

【板そば】

昔、山形で大きな長い板や木箱にそばを盛り付け、農作等の共同作業や集会後に振舞った

【肥厚】

肥えたりはれたりして厚くなること。「患部が肥厚する」

【敬虔】

うやまいつつしむ気持ちの深いさま。特に、神仏を深くうやまい仕えるさま。「敬虔な祈り」「敬虔の念が深い」

【メアリー・ブーン】

メアリー・ブーン” という人ジャン=ミシェル・バスキア、ジュリアン・シュナーベル、バーバラ・クルーガー、エリック・フィッシェル、ロス・ブレックナー、ブライス・マーデン、デビッド・サーレ、「ネオ・エクスプレッショニズム」と言われる新表現主義の…

【not at all】

どういたしまして。

【ワインディングマシーン】

機械式腕時計のゼンマイを、腕に装着せずに巻き上げるための装置。

【詳述】

くわしく述べること。「事の経緯を詳述する」

【リクープ】

損失などを取り戻すこと。費用を回収すること。「初期開発費用を―する」

【跳梁】

はねまわること。転じて、好ましくないものが、のさばりはびこること。「悪鬼が跳梁する」

【花鰹】

鰹節を薄く細かく削ったもの。

【拍子木切り】

拍子木のように四角柱に切る切り方です。長さ4~ 5cm、幅1cmくらいですが、短冊切りよりも厚く、幅7mm~1cmくらいに切ります。

【プッシュアップ】

腕立て伏せ。

【菜譜】

ツァイプウ(メニュー)

【三々五々】

少数の人たちが固まって行き来する様子のこと。または、人や物などがあちこちに散らばっている様子。あっちに三、こっちに五という意味から。

【無に帰する】

何もなかった、もとの状態に戻る。また、無駄になる。

【SDGs】

環境の持続可能性確保に重点を置いて検討されている国際目標のこと。

【ロイヤルガーディアン】

世界最高水準の防犯性能を誇るシリンダー鍵。

【胸襟】

心の中。

【胸襟を開く】

思っていることをすっかり打ち明ける。「―・いて語り合う」

【謹厳】

まじめで、いかめしいこと。また、そのさま。「謹厳な教育者」

【貴顕】

身分が高く、名声のあること。また、そういう人や、そのさま。「貴顕紳士」

【閑却】

なおざりにすること。いい加減にほうっておくこと。「閑却し得ない問題」

【ティーン・ショーキ】

ウチワサボテン。アラビア語名のティーンは「無花果(イチジク)」ショーキは「棘」の意であわせて「棘無花果」とこちらもわかりやすい名前。枇杷をもっと瑞々しくしたような味で、無花果にも似ている。ちょっとだけ青臭い。

【サクリファイス】

チェスの捨て駒という意味もある。

【シールド乳酸菌】

盾(シールド)のように外部からの敵を防御することをイメージして、森永乳業が命名した。

【ミッドウインター祭】

南極で観測している世界中の基地が、太陽の昇らない極夜期を一斉に祝い、明るく楽しく乗り切っていこう!という国際的なお祭り。

【ダリュの階段】

ルーブルにあるサモトラケのニケの踊り場にある階段。

【しぶんぎ座】

四分儀座あるいはへきめんしぶんぎ座(壁面四分儀座)は、1795年にフランスの天文学者のジェローム・ラランドが設定した星座の1つ。

【菱苦土石】

(りょうくどせき、magnesite、マグネサイト)は、鉱物(炭酸塩鉱物)の一種。菱苦土鉱(りょうくどこう)ともいう。方解石グループに属する。

【ネメス】

古代エジプトの頭巾。

【ポール・モーフィー】

アメリカのチェスプレイヤー。

【主幹】

ある仕事を中心となって行いまとめていく人。「編集主幹」

【采配を振る】

陣頭に立って指図をする。指揮する。采配をとる。采を振る。「会長自ら―・る」

【タクトを振るう】

取り仕切る・音頭を取る・主導権を握る・指揮する・指導する・演出する・主宰する。

【舵取り/楫取り】

1 舵を操作して船の進路を定めること。また、その人。2 物事がうまく運ぶように、誘導・指揮すること。また、その人。「グループ研究を効率よく―する」

【卑称】

他人、およびその動作・状態をいやしめて呼ぶ表現。「てめえ」「きさま」「…しやがる」など。⇔尊称。

【具備】

必要な物や事柄を十分に備えていること。

【ケム・トレイル】

航空機が化学物質などを空中噴霧することで飛行機雲に似た航跡を生ずるとするchemical trailのこと。

【感動ポルノ】

身体障害者が物事に取り組み奮闘する姿が、健常者に感動をもたらすコンテンツとして消費されている、と指摘・批判する意味で用いられる語。ステラ・ヤング(Stellar Young)が提唱した表現。

【愛国ポルノ】

自国を過度に礼賛する書籍やテレビ番組に対する卑称。

【フード・ポルノ】

レストラン等で料理や調理・食事風景の写真・動画を撮影し、個人のブログやSNS等に投稿・公開する行為を指す造語。おいしそうな料理の写真や動画が見る人の食欲を刺激することから、性欲を刺激するポルノ鑑賞に例えて「フード・ポルノ」と呼ばれるようになった…

tangolabo